月次報告2020/11

11月はゴリゴリ上昇しましたが、よく見るともう少しで日経平均にパフォーマンスを抜かれそうな気配・・それじゃあんまり意味ないんだよね、というふうにも思うし、日経平均自体が歪すぎるでしょ、という風にも思う。
一転世の中は、コロナ第3波の中、リテール業を買ってしまいさすがに火中の栗を拾いすぎかもしれないけど、割安だと思うのよね。どうなんでしょうか・

当社といえば、なんだかなって展開になりつつある。私の経験した調子の悪い会社というのは今よりもひどいけれども、その方向へ傾きつつある気配を感じる。正直な話、絶対安定キャッシュフローがあるだろうと思っていた業種がコロナで一変してしまった。世の中なにがおこるかわからないとはまさにこの事かもしれない。これを運がないというのかどうなのか、2~3年でわかってくると思います。ただ、このタイミングで動くのは私の経験上は危ない方向のように思う。不景気の時は、じっと息を潜めて守りを固める。自分は違うと自分のことはいつも人はそう思う。そうしてうまくやった人をみたことがない。見たいものしか見えない。相場はそんな私に「思ったようにならないことが世の中にはあるんだよ、そう、例えば握っているその株券だ」と、教えてくれる。未来への準備だと感じる。ボケるボケないで言えば、相場をやっていればまぁまぁボケないのではないかと思いましたがどうなんでしょうか。