2018年末~2019年始のまとめ

この年末年始は変な動きが結構あったのと、インフルエンザがまぁまぁ回復してきているけれど、外出禁止の週末なので考えていたことを書いておきます。といっても、このyoutubeで説明されているようなことが思わぬ安値をつけている結構な要因な気がします。

AIとかアルゴリズムとか高速取引とか言いますが、これが10億分1秒スピードで動いていて、最初の成売(投げ)の約定をみて、玉が消えればそりゃまぁね。という話です。これを細かく積み上げてお金儲けするという。。

たしかにこれは人間離れしたコンピュータにしかできない技だとは思いますが、逆の言い方をすれば、コンピュータにできるのはまだこの程度とも言えるような気もする。上からは爆弾、下の板は見せ板ということで、青目もいろいろ考えるよねと。

なぜそう考えたかというと、2018年12月25日の暴落はどう考えてもよくわからないわけです。JTの権利落ち最終日に大暴落とかよくわからないので、こう考えました。

①買い板見せ板だった。(アルゴ)

②売らなきゃいけない個人は少々いた。

③まさかの位置にロスカットいれてた個人もいた。

④青目は上から売り建てて、一番安い位置でアルゴで回収。

出来高が小さい中でこれだけ値幅がでたのはこの仕組じゃないかなとおもったという感じです。もう、去年は一昨年で増やした部分は全部吐き出して、かつ、リーマン後から相場を始めた人の少なからずは、2018年の11月には死に体だったというのがツイッター界隈の雰囲気だったように思うので、その状態でトドメのアレは、どーゆーことだろうとおもって考えてました。今も相場はまだまだ買い手不在で、とりあえずリバったという感じでここから買われるのか売られるのか外人次第だと思うけど、お客を飛ばして売り続けても商売にならないと思うので、もう少しサービスタイムが続くんじゃないのかな?とか都合よく思っています。日本電産の減額修正とか見ていると中国のお金持ちが換金売りしたのかな?っていうのも少し思いますが。

まぁ僕は、根性クロスで持ち高それほど変えずに税金回収していたので、対インデックスでも戻り恩恵がややあるようなので一応いまのことOKだけど、この先どうなることでしょう。疑心暗鬼が続くのは嫌いじゃないです。来週のポジをどうしようか考え中。キャピタルを狙うのかインカムを狙うのか。うーん、割安すぎる株がまだいっぱいある気がするのだけれど・・・

あと全然関係ないけれど、買うのはクラッシュした後でも十分間に合うっていうのは、まさに先週今週のことを言うんでないのかな?って思いました。

今から買うんじゃもう遅いっていう個人が多ければ多いほど、株価の上はまだあるんじゃないのかなぁと。その時どんなところにお金が流れていくのかなぁと先に並んで起きたいんですが、いまいちテーマがわからないけれど。

『2018年末~2019年始のまとめ』へのコメント

  1. 名前:toru 投稿日:2019/01/20(日) 16:42:53 ID:ce5ce2563

    25日にJT買ったよ。
    25日線も超えてきた。ジムの爺さんが21000円で売ろうと言ってるから買いかな?
    いやいややっぱり18000円まで待ってゆっくりやるよ。トランプはとまらないと思うしね。

    • 名前:piper 投稿日:2019/01/20(日) 16:47:08 ID:02742c316

      JTはねー。良いんだけど、日本じゃ大麻に手が出せないから外資に負けちゃうんじゃないかって心配なんだよねぇ。