ドメインの変更とSSL化をしてみた。

これまでずっと面倒くさいなぁーと思っていたSSL化が、使っているレンタルサーバで無料になっていたので、人柱的にやってみようかということでやってみた。お隣さんには影響でていないと思いますが、おかしいぞ?ということがあればお知らせください。

ちなみにSSL化するのには、独自ドメインが必要でして年間2000円ということでお支払しました。まぁ、見るだけならば非SSLでも問題はないと思いますので、今まで通り、mgmgsaloon.jpでもこれまで通り閲覧できると思いますが、リンクをくぐるとhttps://piper.nokiroku.net/へジャンプすると思います。そちらが新しいドメイン名ですので、リンクを修正される方はしてください。

で、実際SSL化が大変か?については、使っているレンタルサーバの特性とかもあるようで、一筋縄ではありません。それ相応のSE的なググり能力が問われる内容ですので、雰囲気でインターネットを使っている人が自分でやると大変だと思います。僕も大変だったけど。。特に昨日は、深夜にシステムエラーで呼び出された後だったので、徹夜脳で何をどこまでやったかふぉあんふぉあんな頭で頑張りました。そーゆー訓練が必要なんです。勉強という意味もあるんでまぁ良いでしょう。ググれば出来ます!密鍵がどこに保管されているのかよくわからんけど。まぁだからといってVPSとかでopensslとかすんごい嫌だけど。そんななんやかんやを考えるとAWSは機能的にも良く出来ているように思いますね。それはそれで独自の世界観があって、もっと普通に出来ないの?っていう思いもありますが。。特に記号やアイコンの意味を覚えろっていうのがキツイね。ただ、インフラとアプリの境界線をちゃんと準備しているというか、基本的にプログラマは、インフラに文句はいえどチューニングには関わりたくない属性が強いので。雰囲気で動いてるのが嫌いなんでしょう。wしょうがないでしょ、ハードなんていつ壊れるかわからねーんだから!!

これでログインする時がSSL化されて若干安心ですけど、なんせ無料の証明書ですから、私自身の正当性は全く保証されていませんね。いいんですが、そんなこと。しかし疲れた。さくらのレンタルサーバについては、下のリンクの話がキモっぽいです。

if( isset($_SERVER[‘HTTP_X_SAKURA_FORWARDED_FOR’]) ) {
$_SERVER[‘HTTPS’] = ‘on’;
$_ENV[‘HTTPS’] = ‘on’;
$_SERVER[‘HTTP_HOST’] = ‘XXXXX.com’;
$_SERVER[‘SERVER_NAME’] = ‘XXXXX.com’;
$_ENV[‘HTTP_HOST’] = ‘XXXXX.com’;
$_ENV[‘SERVER_NAME’] = ‘XXXXX.com’;
}

上のをごにょごにょする。.htaccessファイルはいじらなくて動いたけど、いるんかな?自分の環境ではバックアップがtoo many redirectで動かないような感じですが、ジリジリと切り分け中。