トランポノミクス

トランプが大統領になって、あの人間性というか、風俗好きを公言している人がアメリカの大統領になったというインテリとしては隠れてやれ!ということを隠さない品の無さが嫌なんだと思うのですが、実際問題そんな人間ばっかりじゃん?っていう点である程度折り合いがついてるというのが今のアメリカというか、別にそんなにお上品ではないよというのがわかったのが良かったんじゃないか?とか、付き合い方を考えることができると思います。

それは別として今の相場の反応を見ていると、なんだか安倍晋三が首相になりそうだ!?というだけで相場が動き出した2012年11月頃を感じなくもない。なんといっても、それに懐疑的な人間のほうが今はまだ多いということ。具体的な政策がまだ出てきていないけれど、財政出動と減税=国債発行っぽいこと。それが一番ハードルが低そうなこと。それを予想した米債の金利上昇からメガバンク他金融機関の収益改善とかなんとかいう理由で金融相場になるんじゃないのかな?なんて思っています。ただ、ハネムーンが終わる半年後に5/23みたいな下げがまたあるんじゃないか?というのも思うし、それが5/23からの~リーマンショック級ということも考えられます。ダウの値付けはそんな位置にあると思うので。

ですが、トランプの政策の中には金融機関の締め付けているドット・フランク法というか、ボルカー・ルールを緩めてクレジットを拡大させるのがあるような気もしていて、そうなると要するにウォール街が儲かるとかいうよりも、トランプ自身が不動産屋として何が一番儲かるか?視点で大々的に金融拡大路線。終わりはいつか見たリーマンショックとなるまで、自分の任期に崩壊しなければ良いやレベルでやってくる。その可能性を考えています。その始まりに今立っているとしたら、買わないならまだしも売りはいかんと思いますよ。 だって、安倍晋三の品の無さとトランプはとっても似ていると思うんです。高齢化など色んな意味で日本が世界の先をいっているというのはあながち間違いでは無いように思えてきました。

もう一つ思うのは、グローバリゼーションはこれでほぼ終了して、これからは保護主義というか、ローカルに視点が向かうだろうと言うことです。これがどんな影響があるかはよくわからないけれど、TPPとかでいえば、アメリカ無しでやっても良いんじゃないの?というのあありますよね。中国やアメリカが内向きになれば、日本もそこそこの大きさに見えるという意味で。

『トランポノミクス』へのコメント

  1. 名前:toru 投稿日:2016/11/14(月) 02:41:30 ID:95290a8e4

    確かに公共投資をして金をばらまく、減税して世界から米国企業を戻すその金は国債を発行する。それは安部くんと同じでドル安政策でしょう。それとアンチグローバルとか言っても、アマゾンがgoogleがどうやってそんな事できるか不明。今さら米国に製造業をもってくるのは無理筋でしょう。
    一体、混乱以外何ができるのかわからない。tppをやめて米国は損すると思うんだけどね。
    選挙の為たわ言を実現できるのは原油の値段上げてシェールガスで金回すぐらいしかできない。イエメンでサウジをいじめて油田壊せばすぐ100ドルできないかな?

    • 名前:piper 投稿日:2016/11/14(月) 10:45:08 ID:9e118f1b8

      アマゾンやグーグルは、白人男性から仕事を奪っては無いでしょう。あれば何がしか税金が設定されるのでは?
      鉄に関税をかけて中国産を追い出すでしょう。NAFTAを改正して、自動車に関税をかけるでしょう。でもこれはアメリカの自動車会社の工場もあるので、アメリカ国内に工場を新設すれば免税。

  2. 名前:toru 投稿日:2016/11/14(月) 14:20:43 ID:95290a8e4

    それは結局アメリカ市民が高い車を買うだけに終わるのでないかな。

    • 名前:piper 投稿日:2016/11/14(月) 18:25:00 ID:4b129ad67

      アメリカが市場としてヘボければそうだけど、車はアメリカで売らざるを得ないでしょう。
      それでトヨタがアメリカに工場を作ったように、メキシコの工場を減らして、アメリカの工場の生産をあげるとかね。
      マツダとかは実は厳しいような気がしてる。