英国が離脱しない可能性説。

あると思うんだよね。離脱する理由が解決されれば(EU域内でのさらなる英国特権が確保されれば)離脱はしないんでしょう。感情的な部分もあるかもしれないけれど、EUに残りながら利益が確保されるならば残るのでしょう。要するにこれは条件闘争であって、主に、ドイツ/フランスとの条件闘争なんでしょう。アングロサクソンが欧州に手をかけてきた。主にカネの話で。それは最近遠回りなやり方で色々あったと思う。VWの不正とかさぁ~~

どちらかと言うと危ないのはドイツではないかと思うわけです。条件調整はフランス・財布はドイツが上手くいかない時がEUの終わるとき。我慢できなくなって、経済も下向きになると、ドイツに右翼政党が・・・・というヤツじゃないんですかねぇ。。

piper

4 Comments

  1. ドイツ銀行の破綻とかにだけはなってほしくない。

    • メキシコペソ/ドルとかの動きみてたら、金融収縮ではなさそうだけど。。

Comments are closed.