家族の哲学 坂口 恭平

熊本の地震で久しぶりに動向を知って、義援金とかが嫌なのでこの本を買うことにしたんだけど、前に読んだ小説風の本よりは断然面白い。まぁともかく、坂口恭平と家入一真は同年代として生き残ってもらってどうなっていくのかを見ていたいと思わせます。興味もないけど、それでもおなじことやれないでしょ、やはり。

あと、子供の名前がいい。